賃貸物件はこんな媒体から探せます!

インターネットを利用して探す

賃貸情報誌を購入して探していた時代は過去の話となりかねないほど、インターネットが普及したことで物件情報を探すことが出来ます。インターネット上に掲載されている物件は、全取引物件の中の一部に過ぎませんが、地域の相場情報を知るヒントになります。
インターネットを利用して賃貸物件を探す際には、実質的には不動産屋探しという側面があります。なぜなら、インターネット検索で見つけた不動産情報サイトに掲載されていた物件を問い合わせた時に、既に入居者が決まっているという理由で断られたり、現地待ち合わせで内見出来ない不動産屋は外しましょう。優良な不動産屋では、既に入居者が決まった物件については具体的にいつ決まったかを明示してもらえます。現在申込み中の場合には、内見は出来るけれども申込みが入っていることを正直に教えて貰えるので、良心的な不動産屋かどうかを確認するためにインターネット掲載物件を利用すると良いでしょう。

地元の不動産屋へ足を運んで探してもらう

大手のチェーン店では紹介されない優良な賃貸物件を探す際には、地元の小さな不動産屋へ足を運んで探してもらうことも大切です。なぜなら、専任媒介物件を地元の昔ながらの営業をしている不動産屋は握っているので、駅前の大手不動産屋では案内が出来ない物件があります。大手不動産屋では保証会社との契約を必須とする物件が増えています。
しかし、実際には保証人を立てて借りられる物件は優良物件が多く、空くとすぐに入居者が決まってしまうので地元の小さな不動産屋しか案内出来ない状況となっているわけです。保証会社を使う物件が不人気で残っていて、保証人を立てて借りられる賃貸物件は人気が高く流通物件にはならないことは、誰かに教えてもらわないと気が付かないでしょう。